「安さ」と「プレイの面白さ」を両立している日本橋風俗

サイトマップ

青い服の女性

風俗のグローバリゼーション

風俗のグローバリゼーション。この言葉はなかなかピンとこないかもしれませんが、年間30,000,000人近いところ客が日本を訪れる以上、風俗に関してもグローバルに対応した対応がどんどん必要になってくる事は言うまでもありません。
必然的に日本の人口が減っていくこともあり、労働人口の海外から受け入れる方々が増える以上は、客層としても風俗業界も英語が対応できなければなかなか受け入れられなくなってくる事は間違いありません。
しかしながら正直なところ日本の風俗業界に関してはまだまだグローバルに対応できるような体制が整っていないと言えるでしょう。
わかりやすい所で言えば受付で英語が対応できるお店がどれだけあるでしょうか。また、ホームページで英語に対応できるようなお店がどれだけあるでしょうか。実際のところ今の日本の風俗業界では皆無に近いというのが実態です。
サービスや商品などを日本の表向きの文化はどんどんグローバル対応が生んでいます。これと並行して何とか風俗業界もグローバル対応にのっていかなければ夜の世界だけ遅れると言うこともあり得る状態になります。人材の登用からグローバル対応を始めること。投資が必要になりますが将来的には必ず生きてくることになります。

ピックアップコンテンツ

TOPへ